【1歳半】絵本が好きすぎる我が子の絵本生活。毎日30〜200冊読みきかせの実態!

お家で知育
この記事は約4分で読めます。
tokei
tokei

こんにちは。幼児教育お役立ち情報を発信しているtokeiです。

今回は「絵本の読み聞かせについて 第二弾」

絵本が大好きなまま1歳半になった我が子の絵本よみの実際を紹介します。

0歳児時代の絵本の読み聞かせの効果についてはこちらにまとめています。よかったらチェックして見てくださいね。

1歳半のリアルな絵本読み

毎日何冊読み聞かせているか?

1歳過ぎてからは、毎日30〜200冊。読み聞かせるのは、全て本人が「読んで」と持ってくるもののみで、我が家ではこちらから読み聞かせ始めることはしません。

家にある絵本の数は?

絵本だけではないのですが、子ども用の本はざっと100冊くらいです。100冊って、一冊1000円だとすると、10万円分も買ったの?と思うかもしれませんが、実際にはそんなにかかっていません。

タダでゲットしたお下がり絵本や、100円均一の絵本もたくさん揃えています。

ほとんどが絵本ですが、大人用の雑誌も大好きなのであげています写真が多めのファッション雑誌観光本など(私が読んでいたもの)ですが、絵本と違った面白さがあるようで、とても気に入っていますし、たくさんの言葉を覚えるのに役立っています

絵本は気に入ったものは正規品を購入しますが、本屋さんのアウトレットコーナーでまとめ買いしたりもしました。

よく必要な本の数は「年齢+2冊」などと聞きますが、本好きな子になって欲しければ1歳で3冊というのは少ないと思います。100冊は多すぎでは?と思うかもしれませんが、本人は全ての本を把握していて自分で好きに読んでいるところを見ると、少なくとも我が子には必要な冊数だったと思います。

毎週図書館で10〜20冊借りる。

家に本が100冊あっても、常に新しい本を読ませてあげたいと思います。とはいえ、頻繁に本を購入することは難しいので、毎週図書館で10〜20冊の本を借りています。家の本も大好きですが、やはり新しい内容の本に食いつき、借りている期間中は毎日それも読んでほしがります。

1週間後に本を返す頃には、1人で本をめくりながら内容を少し言えるくらいになっています。

絵本の多読は親にとって結構ハード。無理は禁物!!

もともと絵本が好きだった我が子ですが、1歳になった頃、その好きさに拍車がかかり、親側が精神的に参ってしまうことがありました。

というのも、1日中本に夢中で、「読んで、読んで」と持ってくる量が1日200冊越えになってしまったのです。(正確には数えていないのですが、当時こどもの本スペースにあった50冊の絵本を片端から渡してくれて、それを4周はしていたのでのべ200冊越えと思われます。)

しかも、全部最後までちゃんと聞いて、ちゃんと感情移入をして笑ったり面白そうにしたり・・・子供の方はただただとても純粋なのです。

だから読んであげたい気持ちはあるのですが、喉は枯れるし、「またこれ?せめて違うのにして」とか思ってしまうし、こちら側が絵本恐怖症になってしまいました。

その時期は絵本を読むことを避けるため、とにかく外出したり(支援センターでも本棚に直行でしたが)、家の中では絵本を隠したりしました笑。

幸い数ヶ月で200冊レベルは収まり、他の遊びもするようになったので事態は収束したのですが、本当に大変でした。決して無理はせず、自分優先で絵本読みに取り組んでくださいね。

おわりに

今回は1歳半になった我が子の絵本よみの実際についてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか。

絵本が好きな子、運動が好きな子、音楽が好きな子、いろいろな個性があると思いますが、好きなところを伸ばしてあげられるようにできたらな、と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました