大人気の0~3歳児の親子教室「TOEベビーパーク」。1歳児の娘と体験レッスンに無料で2回参加してきました!

幼児教室
この記事は約9分で読めます。

大人気の0~3歳児の親子教室「TOEベビーパーク」。1歳児の娘と体験レッスンに無料で2回参加してきました!

ベビーパークってどんなところ?

ベビーパークは、「生徒はママ!」の新しいタイプの親子教室。

創設者の中島先生が、20年来の教師生活、自らの妊娠・胎教・育児の体験を通して獲得した「叱らず個性を育てる育児法」をたくさんのママたちに伝えたいという思いで開設されたそうです。

「叱らない育児」ってよく聞くけど実践するのは難しいですよね。その具体的な方法を教えていただけるというのは素晴らしいです。

ベビーパークの育児方針については、次に紹介する「体験レッスン①育児勉強会」に参加することで少し垣間見ることができました!

体験レッスンレポ①育児勉強会

体験レッスンは全2回コースで1回50分となっています。1回目の体験レッスンの内容は「子育てに必須の知識・ノウハウの講義」つまり育児勉強会です。

教室の雰囲気・概要

教室に入ると、マットの上におもちゃがたくさん置いてあり、アットホームな子育て支援センターにでも来たかのような印象。先生も「危険なものはないので教室の中のどこに行っても大丈夫です。遊びながらお話をきいてくださいね!」とのことで、50分間、子どもとおもちゃで遊んだり、教室内を自由に探検したりしながらお話をききました!子どもたちは楽しそうでした!

そして、こちらは本レッスンへの参加ではなく、体験レッスンを受けに来た同じ立場の親子が数組集まって行われるので、質問もしやすいし、先生の目も自分だけに集中することもなく、かなりやりやすかったです。

今回は我々含めて3組の母子(1歳前後)が参加していました。

育児勉強会で教えてもらったこと

正直、「これ体験レッスン(しかも実は無料でいける!)でここまで全部言っちゃっていいの?」というほど充実の内容。印象としては、すでに入室した人への初回ガイダンスのような!

ざっくりですが、たとえばこんなこと(実際にはちゃんと科学的根拠付きで説明してくださいます)。

  • とにかく0〜3歳の育児が重要!
  • 3歳までの脳は特殊脳で、シナプスが爆発的に増える時期!
  • 探求反射・模倣反射が超重要!
  • 扁桃体が「快」の状態の時に、たくさん学べる。
  • 愛着形成がとにかく大事(女の子は父親との愛着形成がうまくいかないと、将来ダメ男にひっかかるという研究があるとか笑)。
  • 叱らず躾はできるようになる!

しかも超アットホームなので、先生に質問したい放題。自分の今の育児に関する悩みとかも気軽に言えてちょっとしたお茶会のような雰囲気でした。

ちなみに、ベビーパークのHPの「ベビーパークの教育」というところ(https://babypark.jp/education/index.html)をご覧いただくと、育児勉強会の内容が少しわかるかもしれません。3歳までが大事であるということ、EQ,HQ,PQ,IQの育て方、叱らない育児、食事についてなどなど盛りだくさんです。ベビーパークに興味がなくても、幼児教育に関心がある方は、ぜひ一度目を通していただきたい内容となっています。(1冊本を買った気分になれるほどの情報量です!)

とりあえず、この育児勉強会を無料で体験させる点においてはびっくりでした!

子ども向けプチレッスンもしていただきました!

勉強会の残りの時間に、本レッスンで行なっている内容の一部をご紹介くださいました。内容はこんな感じ。

  • ブタのおもちゃを上下左右に振り視覚の訓練
  • 絵が何個か書いてあるカードを「パシャーン」「パシャーン」といいながらめくる
  • フラッシュカード
  • 漢字のフラッシュカード
  • ドッツ(ランダム配置のものと整列されたもの2種類)
  • 100玉そろばん(まずは先生が球を動かし、その後一人10個ずつ動かす) 

子ども向けレッスンについての詳しい内容は「体験レッスンレポ②本レッスンへの参加」で紹介しています!

体験レッスンレポ②本レッスンへの参加

1回目の体験から2週間後に2回目の体験レッスンを受講しました!2回目のレッスンは「育児相談とお子さまとのフルレッスン」、実際に受講されていてる親子に混ざっての本レッスンへの参加です!

参加していたのは4組の母子。こどもたちは、みんな1歳前後でした。

まずはマザーリング(10分間)

毎回レッスンの最初の10分間はマザーリング!ママたちのための時間です。

講義形式とディスカッション形式を交互に行っているということで、今回はディスカッションの回でした。

内容は、「チャイルドインフォメーション」。子どもを観察して何を言いたいか何を訴えているかを考察してくるのが宿題だったそうです。

「観察して見てどうでした?」という風に先生に一人ずつ聞かれます。堅苦しい感じもなく、ただ思ったことを自由に言える雰囲気で、とにかく和やかでした。一人一人の答えに対して先生がコメント。とにかく褒めてくださりました。その間子どもたちは、置いてあるおもちゃで遊んでおり、楽しそうでした!

親子レッスン(40分間)

マザーリングが終わると「さぁ、じゃぁそろそろレッスンにうつりましょうか!」みたいな感じで、いよいよレッスンが始まります!

机と椅子が置いてあるので、そこに座るのかなと思っていたら、座りません。マットレスが敷いてある床に座って、先生を囲む感じです。

レッスン中も、子どもたちは自由にハイハイやタッチできるので、先生とは全然違う方向にいってしまったりしますが、連れ戻したりはしません。子どもは学びたい時に本能で戻ってくるらしい。無理に連れ戻したらその場所が嫌いになってしまうから自由にさせるのがベビーパークの特徴だということらしいです。

レッスンの内容はたとえば、ざっくりこんな感じ(順不同)。

  • はじまりのうた(英語、手振りつき)
  • 「先生おはようございます、みなさんおはようございます」という。
  • 日付・天気の確認
  • ブタのおもちゃを上下左右に振り視覚の訓練
  • 絵が何個か書いてあるカードを「パシャーン」「パシャーン」といいながらめくる
  • フラッシュカード
  • 漢字のフラッシュカード
  • ドッツ(ランダム配置のものと整列されたもの2種類)
  • 四則演算のフラッシュカード
  • 100玉そろばん(まずは先生が横と縦に球を動かし、その後一人10個ずつ動かす)
  • 瞬間記憶を鍛えるゲーム(クマをコップの中に隠し、どのコップに入っているか当てる)を子どもとママで行う。
  • 手遊び(はじまるよったらはじまるよ)
  • 音階(ドレミファソラシド)
  • ありさんごっつんこの歌を歌詞と音階で歌う(カードに書いてある歌詞と音階を指差しながら歌う)
  • 英語の歌(歌詞カードを指差しながら歌う)
  • 製氷皿に入れられた小さなボールをつまんで離す練習(ママと子どもで)
  • クレヨンで紙にかかれたきゅうりにトントン(歌に合わせて)。
  • タオルが配られ、子どもとママで引っ張りあいこ。
  • 最初にやった感じのフラッシュカード2回目。
  • ままとギューっ!(この間に先生が出席シールを配ります)
  • 「先生さようなら、みなさんさようなら」という。

子どもの反応

めちゃめちゃ楽しそうでした。 拘束されることなく自由だし、おもちゃもあるし、ゆったりした雰囲気だし、習い事やお勉強という感じはなく、まるで児童館か子育て支援センターのプログラムにきたかのようなリラックス具合だったと思います。

勧誘は?2回も体験レッスンに参加したら断れない?

2回目のレッスン終了後、体験レッスンに関するアンケートの記入をし、先生に「来週からどうですか?」と聞かれました。

とてもとても楽しかったのですが、我が家は1回目と2回目の体験の間に他の幼児教室におおよそ決めてしまっていたため、その場で丁重にお断りさせていただきました。

「わかりました、また育児に悩んだりしたらいつでもベビーパーク を思い出してくださいね!」と言ってくださり、それ以上の勧誘は一切ありませんでした。

ちなみに1回目の終わりは勧誘などなく(ただ2回目の体験日程調整はあります)、体験申し込みした時も何一つ勧誘はありませんでした。電話も一度も掛かって来ず、本当有難い!

気になる料金は?

入室金:14000円。レッスン料:14000円/月。教材費:1000円/月。

家庭用教材と比較したら高額ですが、通室型の幼児教室(七田式教育、EQWELチャイルドアカデミー、幼児教室コペルなど)の中では良心的な値段設定だと思います。決して高い方ではないという印象です。

お得情報!体験レッスンは実は無料で受けられる?

HP(https://babypark.jp/trial/index.html)から申し込みをしました。「通常8000円のところ1000円にて受講いただけます。さらには今だけ無料で受講できます!」ということで、無料でした!

体験レッスン申し込み後は、前日に教室からSMSで「お待ちしています!」という旨のメッセージがきたのみ。電話がたくさん掛かってくるでもなく、逆に好印象でした。

余談:先生にいろいろ質問して見たQ&A

Q1) ベビーパークは3歳までにIQ140に育てるというのが売りの一つです。でも、ちゃんとテストが受けられるとは思えない0~3歳のIQはどうやって図られるのだろう?と疑問に思い、先生に聞いてみました。

A1) 0〜3歳のIQは本人がテスト回答できないので、その子ができることについて講師がチェックしていき、スコア換算するのだそうです。

Q2) ベビーパークでは禁止語を使わないで、ということを提言しているようですが、子どもがコンロの火をつけてしまいそうな時はどうしたらいいか聞いてみました。

A2) 危ないものは危ないので、泣いてしまってもその場から離れるべしとお返事いただきました。許可の概念が生まれてくるまで根気強く説明を続けよとのことです。

Q3) ホームワークは?

A3) ホームワークってほどでもないのだけど、親用の宿題がでるのだそう。お子さまの「こういうところをみてきてください、とかだと説明を受けました。子どもが家ですることはないらしいです。

Q4) 教材は?

A4) A/Bクラス(おおよそ1歳3ヶ月まで)では教材は購入の必要がなく、教材費はかからないようです。ベビーパークオリジナル教材(フラッシュカードなど)がもし欲しければ、会員になれば購入できるようです。

ベビーパークは英語にも力を入れている!

ベビーパークが他の幼児教室と異なる点の一つが、英語も取り入れている点だと思います!体験レッスンでも、歌詞カードを指で辿りながら英語の歌を歌ったりしました。

もっと英語に取り組みたいという方には英語育児講座もあるのだとか!https://babypark.jp/english/index.html

こちらも体験できるようです!

3歳からは「キッズアカデミー」!

3歳〜8歳は「3歳児からの知能向上教室キッズアカデミー」。こちらも体験イベントや体験レッスンが充実しているようです!

まとめ

レッスンは「楽しい」です!そしてマザーリングなどによって、普段あまり話さないような子育ての悩みなどが自由に言える雰囲気にあるので、ママたちの支えになりそうです。ベビーパークにハマるのもわかる!と思いました。ベビーパークの「生徒はお母様」という言葉に納得しました。

また、ベビーパークの体験レッスンの充実っぷり&コスパ&お得度は、他の幼児教室の中でも群を抜いて1位です!私の場合、勧誘もほぼゼロだったので、育児本を一冊読む代わりに行ってみることをお勧めします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました