1歳からの音楽/リトミック教室の体験レポ!ヤマハとカワイはどっちがおすすめ?

音楽教室/リトミック教室
この記事は約6分で読めます。

赤ちゃんからリトミックを取り入れるべき理由

子どもと一緒にいると、「子どもの耳って本当にいいんだなぁ!」と思うことがあります。

こどもが大人の真似をして発語し、言葉を覚えてお話しはじめることはその代表例。他にも、うちの子の場合、大人にはまだ聞こえないほど遠いところで鳴っている救急車のサイレンを聞きつけ「救急車!」と言ったり、カラスの鳴き声を合わせて、まだ一語文しか話せないはずなのに、とーっても長いオリジナルソングを歌い始めたり。この時期の子どもならではの才能に驚くことばかりでした。

そんな素晴らしい耳を持つ1歳児代に是非はじめたい取り組みのひとつが「リトミック」だと思います。リトミックは、音感リズム感や情操面だけでなく、運動神経や語学力なども高めるとして、注目を浴びています。運動選手なども取り入れているようです。

1歳からのリトミック教室ってどんなところがある?

大きな音楽教室であれば、赤ちゃん向けリトミック教室を持っていることが多いと思います。個人のピアノ教室などが開催している場合もあり、そのスタイルも様々です。英語リトミックなんかもありますので、気になる方はお近くのリトミック教室を検索してみてください♫

今回は、音楽教室で有名なYAMAHA(ヤマハ)音楽教室KAWAI(カワイ)音楽教室の1歳からのリトミック教室についての体験をまとめていきたいと思います🎶

YAMAHA音楽教室のリトミック「ドレミらんど」体験

1歳からのラッキークラスに参加しました♫たのしかったぁ〜

レッスン参加者

今回は本レッスンに参加させていただきました。私たち以外は、2歳前後のお子さんとそのままが3組。1歳クラスというけど、年齢でいうと1〜2歳代が対象となっており発達に差があります。しかし、特にそんなの問題のない充実のレッスン内容でした。

教室の様子

グランドピアノが1台置いてあるレッスン室でした。絨毯の上に保護者用のまる椅子と、子ども用のミニ椅子(ライオン柄で娘はソッコーお気に入り!)。レッスン中はずっとその絨毯の上で過ごします。

レッスン内容例

1)まずレッスン前にくまのぬいぐるみのラッキーくん(くまのぬいぐるみ)と先生がご挨拶してくました。ラッキーくんはプープーおしゃべりできるので子どもたちの心を一瞬で鷲掴みです!

2)名前を呼ばれてお返事&出席カードにシールを貼って先生に提出

3)まずは先生によるピアノ生演奏(やっぱり生演奏は良かったです)

4)お布団トントンのうた(小さな太鼓、大きな太鼓をたたく)

5)おいものうた(ままと手を繋いで)

6)でんしゃのうた

7)絵本とマラカス

8)面白い音のCD(語彙力なくすみません笑)曲に合わせてたかいたかいなどしました!

9)帰りにシールセットをくれました!

10)アンケート記入し終了。

KAWAI音楽教室のリトミック「親子リトミック」体験

こちらも満1歳からのクラスです!

通常レッスンは40分間とのことですが、今回は体験のため25分くらいのレッスン+説明をしていただきました!

レッスン参加者

体験レッスンということで私たち親子のみでした。(他の体験申し込みの人は直前キャンセルをされたようでした。)先生は2名、そしてくぅーちゃんというくまのぬいぐるみが一緒にレッスンをしてくれます♫

教室の様子

グランドピアノが1台置いてあるレッスン室でした。それ以外は本当にシンプルなお教室で特に椅子や絨毯もなく自由に歩き回って好きなところでレッスンをうけてくださいって感じでした。

レッスン内容例

1)カラカラなる楽器を使って「拍」をとることを体感する。

2)クゥーちゃんとこっつんこするお歌(ママとこっつんこしたり、ママとぎゅーってしたりもします)

3)演奏をきき身体にリズムを伝える(ママが子どもの身体のいろいろなところをツンツンしたりしてリズムを伝える)

4)「大型バスにのってます」のうた(ママのお膝の上で)

5)マラカスで小鳥のうた

6)ぞうさんのうた

7)先生の演奏「ティーカップワルツ」を聞く。

8)音楽に合わせてお散歩(教室内をぐるぐる歩き回る)

9)とんとんとんとんひげじいさん

10)アンケート記入し終了。

YAMAHAとKAWAI、レッスンの違いは?

KAWAIの特徴は「担当講師2名」「レッスン曲は生演奏」!

YAMAHAのレッスンでは、生演奏は1曲のみであとはCDや楽器を使った手遊び歌といった感じでしたが、KAWAIの方はピアノ専属の先生とレッスンを進めてくださる先生の2人がいるため、レッスンで聞く音は全て生演奏でした。正直、音としてはやっぱり電子音より生グランドピアノの音がいいなぁ〜と思いました。ただ、先生の進行にもよりますが、レッスンとして盛り上がるのはCDの方かも。ピアノの音は上質なのだけど、どうしても色々な音をピアノだけで表現しようと思ったら静かめになってしまうのだなぁと思ったのでした。

独自教本、オリジナルソングはYAMAHA♫KAWAIは親しみのあるプログラム。

プログラムが、YAMAHAは独自の教本や変わった楽器を使ったりしたのに対し、KAWAIはみんなが知っている童謡などがメインで、楽器もよく児童館などで借りる鈴と同じものだったので、あまり音楽教室ならではの特別感は少なめだった気がします。

KAWAIは拍をとること、リズムをとることを意識したレッスン

YAHAHAは楽しかった〜♫という印象。一方、KAWAIは「拍をとってください」や「リズムを伝えてあげてください」などの声かけがあり、音楽の基礎的な部分をしっかり捉えようというレッスン展開でした。この辺りは、どこの音楽教室かというよりも担当講師により大きく違いそうな気もします。

YAMAHAとKAWAI、それぞれの料金は?お得なのはどっち?

YAMAHAもKAWAIも1回のレッスンは同じく40分間。

レッスン料は、YAMAHAは月3回で4860円(2020年3月まで)、KAWAIは月2回で3850円。

入会金は、YAMAHAは7560円、KAWAIは11000円。

施設管理費は、私が行ったところだとYAMAHAは2160円、KAWAIは220円。

その他、YAMAHAはCD購入が半年に1回約2500円とシェーカーと名札の購入が約1350円。KAWAIはCD購入などなしでした。

月2回でもよければ、物品購入などが必要ないKAWAIの方がお得でしょうか。でも、入会金などを合わせるとそんなに差がないような気もします。

※KAWAIは公式HPで一律料金を掲載していないため、料金は教室ごとに異なる可能性があります。ちなみに私が体験した時は、入会金無料キャンペーン中だったので、レッスン料と施設管理費を合わせても格安だと思いました!

体験レッスンの申し込み方法

それぞれ公式HPからしました。

YAMAHA:https://www.yamaha-ongaku.com/music-school/

KAWAI:https://music.kawai.jp/eurythmics/

どちらも後日メールで日時の確定についての連絡がきました。KAWAIからは資料と当日持参するアンケートが郵送されてきました!

勧誘は?体験レッスンに行くと断りにくい?

私の場合、どちらもレッスン後、「どうでしたか?」などと聞かれましたが、「入会しませんか?」のような勧誘は一切なく、電話も一度もかかってきませんでした

どちらも大手の音楽教室で、事務手続きなどは事務専門の方がおられるので、教室の先生が勧誘してくる雰囲気はありませんでした。(事務の方からも勧誘されませんでしたが。)

まとめ

YAMAHAとKAWAIのリトミック教室(満1歳児クラス)の体験についてまとめてみました。いかがでしたか?

どちらも大手音楽教室なだけあり、しっかりとした充実なプログラムが印象的でした♫

でもやっぱり子どもとママたちが楽しそうにしているが一番!先生によって大きく教室の雰囲気やレッスン内容が異なるので、気になっているかたはぜひ実際に足を運んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました